経営者のよくある悩み

 中小企業・小規模事業者の経営者にとって、経営上の悩みは、多岐に渡っていると思います。しかし、経営上の悩みの範囲を経営管理に限定すると『経営改善の問題』、『資金繰りの問題』および『決算体制の問題』という項目に大部分が該当します。
そこで、上記の経営者の悩みである3つの項目について、当事務所の対応を書いていきます。

(1)経営改善の問題

 例)

・ある程度、売上げを計上できているが、利益が出ない
・利益を出すには、何を改善すれば良いか、わからない。
・コストダウンしたいけど、何をコストダウンすればよいか、わからない。
・赤字決算をなんとかしたいが、原因がわからない

 当事務所の対応

 利益を上げるためにコストを見直すことはとても重要です。ただ、実際にどうすればよいのか、何から着手したらよいのかなど、経営改善の問題解決について、多くの経営者が悩むと思います。
 当事務所では、財務諸表分析、部門別分析、キャッシュフロー計算書作成など、経営改善に関するサポートをいたします。

(2)資金繰りの問題

 例)

・設備が老朽化していて、設備投資したいが、どのように資金調達すべきかわからない。
・経済環境が厳しいけど、資金調達をするべきか、判断材料がない
・銀行融資に強い決算書になっているか、わからない。
・資金繰りが厳しい

 当事務所の対応

 老朽化した設備の買替や短期的な資金融通などの企業活動を続けていく上で、資金繰りはとても重要です。そこで、中小企業・小規模事業者では、資金繰りの問題を解決するため、銀行融資が主要な資金調達方法になります。しかし、中小企業・小規模事業者であっても、銀行融資以外の資金調達方法を検討する余地はあります。
 当事務所では、融資に強い決算書の作成を推奨し、さらに、融資申請支援も行っております。また、当事務所では、銀行融資だけでなく、補助金や助成金、その他資金調達スキームなどの資金調達もサポートいたします。

(3)決算体制の問題

 例)

・数字まわりが苦手のため、顧問税理士に全て一任している。
・確定申告時の年1回しか、会社の決算数値を把握できない。
・税理士費用を抑える事が、第一目的となり、顧問税理士から有益なアドバイスがない
・顧問税理士と契約締結時以外、面会したことがない

 当事務所の対応

 会社の経営状況を適切に把握するには、どうしたらいいのか?
企業にとって大きな悩みです。その回答は、会計情報を有効活用することです。そのため、決算体制の整備や運用の見直し、外部専門家によるサポート体制の見直しなど、経営管理の礎である会計情報を収集する決算体制に関する課題を解決しなければなりません。
 当事務所では、顧問先が経営状況を適切に把握するため、決算体制に関する課題を解決するように、月次決算や経理業務の自計化などをサポートいたします。

 (4)お問い合わせ

 当事務所は、経営者のよくある悩みを解決するべく、誠心誠意、ご対応いたします。
まずは、気軽にお問い合わせ下さい

 

 

出張無料相談受付中

予約受付:044-767-5512(平日・土日・祝日9:00~21:00)

メールは24時間受付

営業時間:9:00~18:00(平日)

こんな税理士をお探しでは?

1.出張相談します。2.補助金・創業融資に力を入れています。3.税理士変更がスムーズです。

出張無料相談受付中

会社や、会社の近くまでおうかがいします。

予約受付:044-767-5512(平日・土日・祝日9:00~21:00)

メールは24時間受付

営業時間:9:00~18:00(平日)

出張無料相談受付中

会社や、会社の近くまでおうかがいします。

予約受付:044-767-5512(平日・土日・祝日9:00~21:00)

メールは24時間受付

営業時間:9:00~18:00(平日)

facebookページでも情報配信中
主なお客様対応エリア

桒原公認会計士事務所

予約受付:044-767-5512(平日・土日・祝日9:00~21:00)

メールは24時間受付

営業時間:9:00~18:00(平日)